YS-54の日記帳です。
<< 【レポート】オープンソースカンファレンス2014 Hamanako | main | 先日の件のつづき >>
10年前の事件と、プログラムのWarez対策について
category: ソフトウェア/僕の夏休みシリーズ | author: YS-54
0
    現在開発中の恋愛アドベンチャーゲーム「僕の夏休み2015」(仮題)には、所謂Warez対策が現在行なわれています。この対策内容は、不正に出回る可能性があるパスワードを入力し登録するとセーブデータを使用不能にするというもので、それ以上のことは行なっていません。もともとLiveMakerでは、それ以上のことをするような命令は実装されていないので、セーブデータが使用不能になっても、削除すれば復旧できるようになっています。

    ただ、プログラムが完成してVectorに申請し公開するには、事前審査を通過させる必要があります。その際、この機能を組み込んだ状態では審査を通らない可能性があるため、とりあえず出来ることとしてはVectorへの質問ぐらいしかありませんでした。もっともVectorでは約10年前の事件があるため、神経を尖らせていると思います。自分も活動を始めて10年になりますが、自分も今それをやりかねないと思うと怖い部分があります。プログラム自体は(β版とはいえ)もう100%完成しているので、後は必要に応じて素材借用元への連絡するだけなのですが、とりあえずいまはVectorからの回答待ちなので、今週はほとんど何も出来ていません。ひょっとしたら、再来週もこんな調子かもしれません……。
    - | - | - | - | PAGE TOP↑
    スポンサーサイト
    category: - | author: スポンサードリンク
    0
      - | - | - | - | PAGE TOP↑
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH