YS-54の日記帳です。
<< さよなら2013年 | main | 10年前の事件と、プログラムのWarez対策について >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | PAGE TOP↑
    【レポート】オープンソースカンファレンス2014 Hamanako
    category: JUGEM/YS-54 Diary | author: YS-54
    0
      3月22日、浜松市市民協働センターで「オープンソースカンファレンス2014 Hamanako」が開催されました。
      私ことYS-54は、一ユーザーとして今回参加しましたので、そのときのレポートを公開します。
      前回、Tokyo/Springをもって開催100回を達成したオープンソースカンファレンス。新たな節目となっていく101回目の会場である浜松市市民協働センターは、浜松駅から徒歩8分のところにあります。会場で受付を終えた後、パンフレットを受け取り、各ブースの展示物を見つつセミナーに参加しました。

      ちなみに、私が参加したセミナーは以下の通りです。

      ・13:00:All You Need Is LibO〜LibreOffice補完計画
      ・13:15:LibreOffice4.2新機能の紹介
      ・14:00:日本Androidの会浜松支部の活動内容紹介 〜わいがや愉しw〜
      ・14:15:自由な地図 OpenStreetMapの紹介と事例
      ・14:30:Moodle(ムードル)とは何だろう?初歩の初歩から説明します
      ・16:15:concrete5 CMS について
      ・16:30:Ruby教育への期待 〜大学教育の場から〜

      赤字のセミナーは事前登録をしていないものですが、出入り自由ということもあり、参加してまいりました。事前登録の有無に関わらず、セミナーの内容はとても濃いものでした。

      今回の参加記念品として、コモンズネット様より「ひなてぬぐい」、CodeIQ様より「食べられるラズベリーパイ」、「CodeIQトートバッグ」をいただきました。大切に使わせていただきます。

      特に印象に残ったのは、やはりconcrete5 CMSのブースです。まだ開発版であるVersion5.7をインストールし、実際にページを編集したり公開したりするデモ動作には感動しました。また、 実際に開発者と交流できる機会もあり、concrete5の将来のバージョンについてお話を聞くことも出来ました。

      参加されていた出展者の皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました! また浜松市内で開催される機会がありましたら、(一ユーザーという立場ではありますが)ぜひ参加させていただきます。
      - | - | - | - | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | - | - | PAGE TOP↑
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        SEARCH